生田緑地「バラ苑」2011/10/29 23:50

バラ苑 全景
あちらこちらに彫刻が
ミニバラもなかなか
ピンクのバラ

川崎市の管理する生田緑地は「日本民家園」や「岡本太郎美術館」「藤子F不二雄ミュージアム」などが集まった広大な敷地面積を誇る施設です。

 ばら苑は、春と秋のみに無料で公開され、今年の秋バラは10月13日(木)~11月6日(日)までの公開です。

 もともとこのバラ苑は、小田急電鉄の「向ヶ丘遊園地」の敷地内でしたが、2002年に閉園した時に「バラ苑だけは残して欲しい」…という市民の要望により現在公開されています。

 入り口は2箇所あり、府中街道からと日本民家園から、日本民家園の駐車場に車を止めて歩くルートは道がかなり細く急勾配あまりオススメ出来るルートではありません。

 府中街道側は、藤子F不二雄ミュージアム側からバラ苑手前200mぐらいまで来るルートですが、駐車スペースはたぶん100台ぐらいだと思います。

 丘陵地を切り開いて作っていることもあり、府中街道からは400mぐらいの勾配を上って行くことになります。

 バラ苑自体は200m四方の敷地面積に533種類、4700株のバラが植えてあるという事です。

 バラ自体は、見頃を少し過ぎてしまっている感じで、もう少し早くくれば良かったと後悔しました。

 いろいろなバラを見ましたが個人的には、ミニバラや2色の花びら系のバラが好きですね。

生田緑地 バラ苑
住所川崎市多摩区長尾2丁目8番1号ほか
電話044-933-2300
時間9:00~16:00
料金駐車場(500円)+入場料(無料)

 

コメント

_ 給料計算の調整 ― 2011/11/09 01:37

とてもきれいなバラと思いました。
生田で検索して伺いました。
きれいなお写真を拝見させていただきありがとうございました。

_ むーちゃ(管理人) ― 2011/11/09 22:59

コメントありがとうございます。生田緑地のバラ苑はいろんな種類がありとても楽しめました。

彫刻や柱などを見るとギリシャっぽいんですかね。 もう少し周囲の風景などのデザインが統一されていると写真として出来上がりが面白いと思ったのですが残念です。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
■日本で一番高い山は?
■ヒント:漢字3文字です。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://miyagi.asablo.jp/blog/2011/10/29/6177264/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ 横浜ブログ - 2013/05/20 22:05

先日、テレビで川崎市多摩区にある生田緑地ばら苑のバラが見頃だと紹介されていたので、どんなものかと見に行ってみることにしました。

リンクフリーです使ってください リンクフリーです使ってください